協会の取り組み

日本タクティールタッチ協会は、「赤ちゃん」から「妊婦」「高齢者」まで、「健康な人」から「病気を持っている人」などすべての人の心身が安楽になりQOL(生活の質)が向上することをめざして皆様のご賛同とご協力を頂きながら以下の取り組みを行います。

(1)タクティールタッチに関する研究を行います。
(2)タクティールタッチの普及・啓発活動を行います。
(3)タクティールタッチに関する講習会を開催します。
(4)その他、目的達成のために必要な事業を行います。

協会概要

当協会は、国際タクティールタッチ連盟から日本代表として指定されています。
タクティールタッチは、日本およびスウェーデンにおいて商標登録がされております。
無断で使用すると商標権侵害罪の訴訟対象となりますのでご注意ください。

本ホームページに掲載した写真の使用については本人より許可を得ています。
本ホームページの写真の無断転記は禁止です。

会長:山本裕子

     2009年 タクティールタッチセラピスト資格取得
     2011年 タクティールタッチセラピスト養成資格取得

アクセス:千里金蘭大学
     住所 〒565-0873  大阪府吹田市藤白台5-25-1
     電話 06-6872-7149(直通)

メールアドレス : info@j-taktiltouch.jp
          y-yamamoto@cs.kinran.ac.jp


国際タクティールタッチ連盟の概要


国際タクティールタッチ連盟のシンボルマーク
(日本バージョン)

国際タクティールタッチ連盟の加盟国は8か国(スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、アイスランド、オランダ、ブラジル、日本)です。
連盟に所属するセラピストは6500名にのぼり、病院・高齢者施設・保育園・障がい者施設・開業するなど活躍しています。


協会会則

会長挨拶

日本タクティールタッチ協会の会長を務めます山本裕子です。

山本がタクティールタッチを知ったのは、2006年に京都で行われたグニラ先生の講演会でした。
その時、山本は、対象者の苦痛の緩和やリラクゼーション、良眠、便秘解消などを提供できるタクティールタッチの素晴らしさに興味を抱きケア技術として日本に紹介したいという強い思いになりました。
しかし、スウェーデンで行われているケアであるため、誰に教えを請えば良いか分かりませんでした。

幸いなことにグニラ先生と交流を持つことができたため日本でセラピストの資格を修得し、その後スウェーデンに2回赴きセラピストの養成資格も修得することができました。
やっと、皆様に薬品や機器を使うことなくセラピストの手と心で出来るケアを紹介することが可能となり、今はその喜びに満ち溢れています。

これからは、皆様とともに対象となる人に安全、安楽を提供できる感覚療法タクティールタッチの研究や普及・啓発活動などに携わり皆様のQOLの向上に一助になれるように努力していく所存です。


さらに、山本にはスウェーデンでともに学んだ仲間がいます。
その仲間たちやグニラ先生が日本に来てサポートすることを約束してくれています。
多くの仲間に支えられながら、スウェーデンで生まれたタクティールタッチを皆様に紹介できる喜びを感じながら活動をしていきます。

以下に山本が経験した一例を紹介させていただきます。
山本は、大学において看護教育に携わっています。そのため、大学内の講義だけでなく看護学生とともに病院実習にも行きます。
実習中のある病院での出来事ですか、80歳代の女性高齢者が山本に向かって「うんこがでない、腹が苦しい」と訴えましたので、看護師長の了解のもとタクティールタッチを施術しました。


そうすると、その女性からガスが出て少量ですが排便もありました。 女性の口からは「楽になった おおきに」という言葉と笑顔がありました。
まさにお薬ではなく、早くお腹がすっきりしますようにと願う心と手で行う施術により、排便を促し女性高齢者の苦痛を除くことができたのです。
翌日には、山本の顔を見るとその女性高齢者は「腹をさすって」と言い、さっさとベッドに寝転びパジャマをたくしあげお腹を出されました。
その時の笑顔は何とも穏やかなお顔をされていました。
その女性の言動は、山本にタクティールタッチの素晴らしさを実感させてくれるものでした。

メンバー紹介

副会長:東瀬戸久子  2012年 タクティールタッチセラピスト資格取得

日本タクティールタッチセラピスト認定講習会

【日本タクティールタッチセラピスト認定講習会】

春コース
1クール:5/14(土)・5/15(日)・5/21(土)・5/22(日)・5/28(土) (5回)
2クール:7/3(日)・7/9(土)・7/10(日)  (3回) 計8回

秋コース
1クール:9/24(土)・9/25(日)・10/1(土)・10/2(日)・10/8(土) (5回)
2クール:11/13(日)・11/19(土)・11/20(日) (3回) 計8回